ハプニングバー体験記〜店のシステム・雰囲気を初体験〜

当サイト管理人が体験したハプニングバーをご紹介します!

 

それではボクが各地で体験した、ハプニングバーでの出来事をいくつかアップしてみましょう。

 

それぞれのお店の料金・会員システムや雰囲気が伝わると思いますよ。初体験のお店では、やはりびっくりするようなハプニングが起きました。

 

それも含めて、ご紹介しましょう。

 

ハプニングバー体験記 〜上野編〜

めっちゃエロい女性に出会ってしまいました!

地元・東京での話です。
その日は一緒に行くパートナーが見つからずに、カップル入店をあきらめて上野のハプニングバーで受付を済ませました。

 

店内の照明は落とし気味で、BGMもうるさくはないですね。このお店自体は初体験で、以前から来たいとは思っていたんです。

 

入会金は3000円でチャージが7000円。ふたつ合わせて10000円ならリーズナブルなシステムでしょう。

 

しかしカップル入店ではなかったので、なかなかお相手は見つからないだろうと、覚悟はしていました。

 

ところが、20分もしないうちに、単独女性がバタバタと入店してきて、カウンター席に座っていくじゃないですか。

 

店舗スタッフが近寄ってきて、

 

「今ならあちらの女性、アプローチできますよ。」

 

さすがは初来店の客に対するサービスが行き届いてます。
こういったスタッフからの声かけは、単独女性やカップルに対しては多いんですけど、このお店は単独男性にもおこなってくれるんですね。常連になりたくなっちゃったな。

 

「こんばんは、スタッフさんから紹介してもらいました。」
「おひとりですか?」

 

カウンターの女性にファーストアプローチです。見た感じは20代後半で、キャリアウーマン風。

 

「はい、2度目なんです。あんまり詳しくないので許してくださいね。」

 

「いやいや、恐縮です。」ボクなんか、このお店は今夜が初めてですから。」
「逆に教えてもらいたいくらいですよ。」

 

なかなかいい雰囲気の女性ですね。プライドをひけらかすタイプじゃなさそうだし、ゆったりしゃべりかけてくれて好意的です。

 

「お酒、どうです?強いほうですか?」
「ううん。こういうところだから飲まなくちゃ!と思って飲んでるだけで。」

 

「すぐに酔っ払っちゃう?」
「はい、酔っ払っちゃうと思います。」

 

「じゃあ、そうなったらボクが個室へ運べばいいんですね。」
「重いから運べないと思いますww」
「あー、それならちょっと試してみましょう。」

 

いつも使う手なんですけど、カウンター席に座っている格好って、そのままお姫さま抱っこがやりやすいんですよ。

 

相手の女性がスキンシップを嫌がるタイプなら仕掛けませんけど、この会話まで行ったら即座に抱き上げてしまうようにしています。

 

その姿勢をキープしていると、店舗スタッフが飛んできて制止される可能性がありますが、2秒くらいでカウンター席に降ろしてあげると、何事もなかったように次のステップへ向かうことができますよ。

 

「やだ、もう、びっくりしたwww」
「ごめんなさい、こうやって女性にファーストタッチしていますw」

 

「重かったでしょ?」
「肩が外れました・・」

 

「バカwww」
「あはは、もうここでは触りませんよ。」

 

このひと言を伝えたかったんです。

 

ここでは触らないということは、他のスペースへ連れ出して触りたいという意思表示になります。それに女性が気づいていたら、態度や表情にすぐ出ますよ。

 

案の定、彼女は照れてうつむいてしまいましたから、完璧にOKサインが出たも同じ。

 

あとはトイレに行くフリをして、空いている個室を確認し、店舗スタッフにそこを押さえておいてもらうよう頼めばいいのです。

 

個室へ入ってからの彼女はとても積極的。店内でハイテンションにさせるには、触るよりも言葉責めがイチバン効くんです。

 

 

「ねね、あれ見て。」
「な、なに?」

 

「大きな鏡あるでしょ?あれ鏡じゃないよ、間違いなくマジックミラーだよ。」
「ええ〜っ!?」

 

「さっき通りがかったとき、外から見たんだ。」
「ここ丸見えだよ、だからほら、こんなことしたらさ・・」

 

そう言って女性の背後に回りこみ、太ももを抱え上げて大股びらきにしてあげます。

 

見られてるからやめてぇ〜っ!と大騒ぎしますけど、おかまいなしに持ち上げたら、声がだんだん悶え声に変わっていきます。

 

そこからはもうこっちのペースで、ぞんぶんにセックスを堪能できました。

 

シャワー施設もあるし、客層も雰囲気もいい。理想的なハプニングバーだといえるでしょう。

 

ハプニングバー体験記〜横浜編〜

やっぱりカップルで入店するのがGOOD!

横浜のハプニングバーへ行ったときの話です。このお店は行き着けのひとつで、こじんまりとしたアットホームな雰囲気が気に入ってます。

 

ただ、カップルで入店したほうが圧倒的にハプニングの起こりやすい店なので、なんとか女性をナンパしてからでないと、もったいない。

 

そこで思いついたのが、出会い系サイトの掲示板です。

 

お昼休みに書き込みをして、ハプニングバーのパートナーを募集したら、夕方までに3人の女性からメールをもらいました。

 

そのうちのひとりが、「どうしてもセックスしたいんです!」と書いてあります。

 

これって、このままホテルに誘ったらどうなるんだろう?という素朴な疑問が脳裏をよぎりましたが、とりあえず待ち合わせをして、カップルになってから横浜へ向かったんです。

 

店舗スタッフはカップルでの来店を高らかに店内に告げました。どんな男女が来たんだろう?と、全員の視線が飛んできます。

 

女の子は恥ずかしそうにうつむいて、足早にソファー席へ陣取ってしまいました。

 

「あんなに全員から見られたの初めてです、、」
「確かに、ボクも初めてですよww」

 

 

すぐにお隣りのカップルから、4人で個室で盛り上がろうと誘われたので、そっちへ移動。乾杯してからダーツやかき氷を楽しみました。

 

飲み物のおかわりを取りに行って戻ってきたら、連れて来た彼女が男性とキスを始めています。

 

ボクとはまだなのにぃ〜と思いましたが、もうひとりの女性がこっちを見て笑っているので、ああ、誘ってるなと。

 

5分ほどで4人とも全裸になりましたし、ドアが全開になって大勢の人から見られたので、めちゃめちゃ興奮しました。

 

やはりカップル入店は強いですね。ハプニングまでの展開も早いですから、ぜひカップルになってから入店することをオススメします。

【全国共通】ハプニングバーに行く前に読むべき記事まとめ